海鮮・魚介料理、海鮮丼、天ぷら、定食「女川海の膳 ニューこのり」宮城県牡鹿郡女川町
【店舗TEL】0225-53-2134
【営業時間】11:00〜19:00(ラストオーダー18:30)【定休日】火曜日

お客様の声

  • HOME
  • お客様の声

お客様の声 Voice

お客様の声

女川海の膳 ニューこのりをご利用いただいたお客様より寄せられた実際の声をご紹介いたします。

丼からはみ出る穴子天

男性/50代

前日、青森のねぶた祭りを堪能した後、移動して盛岡に泊まりまして、そこから下道でノコノコとやってきたのは女川。
以前、孤独のグルメで紹介されたということで、連れが行きたがっていたお店です。

今年、女川に来るのは2度目。
駅前は綺麗に整備されましたが、町としての復興作業はまだまだ。
すれ違う車も、トラックが多いように感じます。

到着したのは、午後1時半頃。
待っている人たちの雰囲気から、お店の中にウェイティングボードがあることを察し、記入して待つこと1時間くらいかかりました。人気店。
家族連れが多かったので、あまり回転は速くない印象です。

【活穴子天丼】

穴子天の大きさ!!
丼からしっかりはみ出る存在感。見た目で心をやられますね。
衣はサクサク、穴子の身はふっくらでボリューミー。
タレもご飯に染みて、美味しいなぁ。かなり満足感がありました。

美味しかったなぁ。
海鮮がいただけるお店に来ると、個人的に「海鮮丼」のような生ものを頼むことが多いので、こういった火を通したものも美味しいと、何を食べていいかわからなくなっちゃいますね。笑

満足確実、よくばりニューこのり丼セット

女性/40代

午前中に出張を終え、ランチタイムに女川駅前到着。この地区は、震災復興ですべてが新しくなっております。
飲食店など充実しており、この店は震災による仮店舗からこの場所に移転してきました。従いましてお店は新築、とても洒落た建物であります。

お店に到着すると、待ち人多数。
店内の順番待ち用紙に名前を書き入れると、なんと9組待ちでした。
仕方がないので、周辺商業施設のお散歩を兼ねて暇つぶしです。
一通り見終わり、お店に戻って店内の順番待ち用?ベンチで順番を待ちました。

名前記入後、約40分で案内がありました。
掘りごたつ式の小上がりに通され、メニューを眺めます。
ここはやはり海鮮丼かな。さらにメニューをよく見ると、「よくばり」というメニューが目を引きます。よくばりこのり丼(海鮮)2,500円(税別)。
これはハーフサイズの海鮮丼とハーフサイズの穴子天丼を一緒に楽しめるもの。
価格は高めですが、はるばる来たので良しとしましょう。おおよそ15分程度で配膳です。

海鮮丼には美味しく超新鮮なネタが多種盛られています。
特に”きめ細やか”な雲丹に感動。
こんな雲丹には滅多に会えませんね。他には鯨、マグロ、いくら、大きな海老などなど、新鮮なネタが惜しみなく載っておりますので、見ているだけで楽しくなります。
勿論、鮮度抜群。
こりゃアルコールをいただきたくなる気分ですね。
運転が無ければ。悔やんでも仕方がない、精一杯、美味しいネタを味わうことといたしました。

ハーフ穴子天丼は、アナゴが特に大きなわけではないけれど、これはこれでOKであります。
揚げ物のため、海鮮丼と食べる順番を考えないと、後味が大きく変わりますのでよく考えていただきましょう。
私的には、まず穴子丼を平らげ、その後、海鮮丼という順番をおすすめいたします。
実際には、その逆をやってしまったもので。

とにもかくにも、ハーフとはいえ二杯の丼をいただきましたから心もお腹も大満足。
名前の通り、本当に「よくばり」なセットなのでありました。

天丼がイチオシです!

男性/30代

1年ぶりくらいの女川町!
イヤ~だいぶ活気づいて来たのではないでしょうか(^^)

シーパルピア女川に続き地元市場ハマテラスができました!こう言ったらなんですがかなり良い方向の復興だと思います!

祝日に行きましたが老若男女、家族連れの方々がいっぱいでしたよ~(๐•v•๐)๓で駐車場がまだ少ない為か祝日のお昼時はなかなか駐めれる場所が見つからないです^^;

今回の目的は天丼!!
まだできたばかりなのでピッカピカ♪テーブル席と奥には小上がりがあります。

初訪問だったので名物「活穴子丼」を食べたかったのですが今は中止中見たいですねー

ミックス天丼と迷いましたが『旬天丼』1,728円(税込)を選択!

軽いサラダ、お新香、あら少なめのあら汁w
具材は穴子半身、牡蠣4つ、白子ふたつ、カボチャ、獅子唐、サツマイモ、茄子。

穴子はすっごく肉厚!!でホクサクっ旨い(*´ڡ`●)
牡蠣、白子は中がトロットロ♪(゚▽゚ )!!
海鮮の揚げ方は流石と言ったところで抜群に良かった!旨し!

ただサツマイモ、カボチャは若干シャキ②感があり、ホクホク好きな自分にとっては残念~。

ご飯はしっかり硬め、タレは甘辛タレでちょいあまめ、濃さは丁度よく素材の味がしっかり楽しめる~

なかなかの完成度に十分満足♪(*๓´╰╯`๓)

『海鮮五色丼』2,538円(税込)
具が、マグロ赤身、メカジキ中トロ、マグロのタタキ、生蟹身、蒸し蟹身、みょうばん不使用生雲丹、イクラ、小さめ帆立、大ぶりの生エビ。

小鉢の鴨のスモークはお膳の中であまりにも浮いているw
ご飯は酢飯でちょっとベチャッとしてた( ノД`)
ネタは美味しかったですが値段の割にボリュームがちょと寂しいかな~
海鮮丼はやっぱりおかせいの方がいいかもです。

イヤー!天丼はなかなかの完成度にビックリ!
コレから観光地として復興して行くにあたってどんどん人気になって行くことでしょう

ごちそうさまでした。

お値段以上。観光地なのに立派です!

男性/50代

今や観光地と化した女川駅前に移転したニューこのり。
内装もひろびろオシャレになり、キャパもなかなかなもの。
ウェイティングのお客様もいますがさくさくこなしています。

それでもメニューを見ると、一番高い?ニューこのり丼セットでも2,500円(税込)。
海鮮丼にはウニもクジラも入っていてとても美味。
天丼は揚げたてが後で運ばれて来ます。
この天丼は家族とシェア。
茶碗蒸しも栗入り。東北っぽい。笑
あら汁は大根、人参、ネギがたっぷり。
お寿司屋さんならこれだけで500円(税込)はとられそう。
穴子の煮凍りは味がしみしみでとろりん。
食べ終わっても食器をすぐ下げられる感じもなく、のんびりお茶を楽しみました。

観光地というと、ある海岸沿いの食堂で食べたミニウニ丼セット2,200円(税込)の高さ、ショボさを思い出してしまいます。
観光地だから仕方ないね、と諦めたのですが、いやいや、観光地だからって女川は攻めて来るよ!守りじゃないよ!素晴らしい!
味も量もしっかりしたもので攻めて来るよ!
これで他県の方が宮城にいい印象を持ってくれたらお互いにいい気持ちになれるよなぁ。

ほんと、大大満足でした。

テレビ番組に取り上げられて、サインもたくさんありましたが、驕ることなく、しっかりとした味を安く提供されているニューこのりさん。
ご馳走さまでした!